MENU

長距離の単身引越しならプロスタッフがおすすめ

単身引越しを予定していて新居が遠くの長距離ならプロスタッフという会社がおすすめです。なぜなら長距離引越しは業者によって費用の差が付きやすいから。

 

同一市内で近距離の引越しなら数万円の差に収まっていたものが、距離が遠くになるに比例して10万円以上の差となっても全く不思議ではありません。

 

それだけ長距離引越しは業者によって得手不得手がはっきりする引っ越しの形態です。長距離でなおかつ単身引越しを少しでも安くしたいなら、そのどちらをも得意とする引越のプロスタッフから見積もりだけでも取ってください。

プロスタッフの安さの秘密

引越し単身パックで格安のサービスをご提供

プロスタッフの引越し単身パックでは格安で一人暮らしの荷物を運搬することができます。基本料金は15000円(近距離の値段)と安いのにたくさん荷物が運べることで人気です。

 

大物4点と小物20点が基本料金で運べる荷物量ですが、同業他社と比べてもコストパフォーマンスが高いパックです。積み重ねしにくい自転車やベッドなども問題なく運搬できるのもおすすめできる理由の一つです。

 

また作業品質に関しても普段から家族向けの引越しをこなし、新築や重いタンスや冷蔵庫の運搬、吊り作業といった難度が高い作業を数多く経験しているスタッフがお伺いするために、単身引越し専門の業者と比較してもより安心度が高い引越しを任せることができます。

 

混載便や帰り便で長距離輸送のコスト削減

基本となる引越し単身パックの安さに加えて、引越し先が長距離の場合に輸送コスト削減に活用しているのが、混載便や帰り便の確保です。

 

一件のお客様で長距離輸送を実施するチャーター便は輸送コストが非常にかかり、その分が引越し料金に跳ね返ってきます

 

プロスタッフの長距離引越しでは、同一地域への少量の単身荷物を大きなトラックで積み合わせる混載便によって、輸送コストを大きく削減します。もちろん長距離輸送の往復についても帰り便を確保することで、輸送に掛かるコストを徹底的に削減します。

 

これらのコスト削減により、プロスタッフでは高くなりがちな単身引越しの長距離便を安い料金で提供できるようになりました。

 

電話見積もりで料金計算に掛かるコストを削減

引越しでは実際にお宅に訪問し、営業マンが荷物の量を確かめて見積もりするのが一般的です。しかし、昨今では複数の引越し業者による合い見積もりが増えて、引越し業者にとっては見積もりコストが非常な負担となっています。

 

そこで、プロスタッフではお荷物一点一点を独自のポイントに換算し、荷物量を計算することで訪問せずとも電話で見積もりできるシステムを構築しました。

 

もちろん荷物量が比較的多かったり、難易度が高い条件の引っ越しに関しては訪問してから見積もりさせていただくこともありますが、ほとんどの単身引越しでは電話の見積もりだけで確定料金を提示できています。

 

電話による見積もりはコスト削減と同時にお客様側としても時間を取ることなく、多くの引越し業者から見積もりが聞けると言うメリットもあります。できるだけ多くの引越し業者の料金を比較したいという人に電話見積もりはおすすめです。


プロスタッフの長距離引越しを詳しく知りたいならコチラ

こんな人におすすめの長距離引越しの単身向けサービスです

  • 大学、専門学校への入学や卒業する学生
  • 転勤、移動で他府県へ単身赴任される社会人
  • チャーター便ではもったいない少量の荷物の引っ越し
  • できるだけ多くの引越し業者から見積もりを取りたい方

 

上記のような条件の転居で他社から見積もりを取ったけど、想像以上に見積もりが高かった方はお気軽にお電話ください。

一人暮らしの少量の長距離引越しはもっと安くなる

長距離が得意な複数の引越し業者から見積もりを取る

これまで何度も記述してきたように、長距離引越しは業者間の料金差が大きいので一社だけの見積もりで決めてはいけません。

 

複数の引越し業者から見積もりを取ることは必須と言えますが、やみくもに複数の業者を選べばいいという訳ではありません。長距離引越しを得意とする業者の見積もりでなければ意味がありません。

 

長距離引越しが得意な業者とは
一般的に近距離の場合は、大手より中小の引越し業者の方が安いと言われていますが、それが長距離になると各都道府県に輸送網を構築している大手が逆転する場合があります。

 

プロスタッフは中小企業の引越し業者ですが、同業他社と手を組むことで大手並みの輸送網を構築し、格安の長距離引越しを実現しています。

 

それでも条件によってはプロスタッフによっては安くならない場合があります。そんな時に電話でもおすすめしているのが日本通運ヤマト運輸といった大手の引越し業者です。

 

忙しい日から暇な日に日程を変更して激安に

引越し料金を決定する要因は様々ですが、中でも日程は料金に与える影響が大きい要素の一つです。忙しいと言われる日を暇な日に変えるだけでも数万円の差が出ることも珍しくありません。

 

もし、あなたがいつでも引越しできる状態になるのなら日程を変更することをおすすめします。特に春の繁忙期は一年でも一番引越しが忙しい時期なので、元々の料金が高い長距離引越しではさらに高額になります。

 

この時期に転居が決まっているなら必要なダンボールのみを宅配便で送り、その他の物時期をずらして送るなどの方法もおすすめです。

 

繁忙期以外の時期では月末と休日を避けた中旬までの平日に実施すると安くなる傾向が高いです。各引越し業者の公式サイトにあるカレンダーを参考に日程を検討してみましょう。

 

運んでもらう荷物を減らして引越し費用を安くする

荷物が減ったら安くなるのは当たり前と言われそうですが、特に長距離引越しの場合は距離に比例して料金が高くなるので、費用対効果が非常に高いおすすめの方法です。

 

新居で使う予定はないのにもったいないからととにかく運んで欲しいと言われる方は多いのですが、長距離引越しの場合は運搬費が高いために買い直した方が安くつく場合も少なくありません。

 

もったいないのであれば、リサイクルショップやメルカリなどで買い取り、販売してしまうのも一つの手として検討してみましょう。

 

最近では自治体に大型ゴミの処分を依頼しても費用が掛かるので、売れない物でも友達にあげたり、無料引き取りのサービスを利用することでより引越し費用を節約できます。

 

できることは自分でして費用を節約

引越し業者のスタッフに荷造りまで任せる梱包プランを依頼すると、引越し費用はたちまち高額になります。単純に作業時間で比較すると荷造りは積み込みと同じ程度の時間が掛かるために、荷降ろしまで考えた時の作業時間は通常作業の1.5倍になります。その比率は料金にもそのまま跳ね返ってくるために、時間に余裕がある人はぜひ自分で梱包しましょう。

 

普段から荷造りを引越し業者へ依頼している人からすれば大きな費用節約になるはずです。

 

ダンボールを自分で集めて値引き交渉をする

契約すればダンボールがもらえる引越し業者は多いですが、ダンボールは決して安いものではないので、結局のところ初めから料金に上乗せされていると考えて差し支えありません。

 

荷物が多い家族用のダンボールを大量に自分で集めることは大変ですが、単身引越しのような荷物が少ない場合だったら自分で集めたダンボールでもなんら問題ないとプロスタッフでは考えています。

 

そのため、プロスタッフでは単身パックでダンボールをプレゼントしていません(有料販売)。可能な限りリーズナブルな料金で提供していますので、近くにスーパーやホームセンターがある方はこまめに集めてください。

 

 

長距離の引越し代の相場がわからないとおっしゃるなら、少なくとも3社以上の業者の引越し料金を比較するとよいでしょう。相場さえ掴んでいれば、無茶な金額を徴収されることがあっても対応できると思います。

ピアノ運送につきましては、搬送するピアノにより支払金額が変わってきます。ピアノ搬送をすることを専門にしている引越し業者に見積もりを頼むというような場合は、ピアノの大きさも報告しましょう。

自分の住まいに訪ねて来てもらって遠方への引越しの見積もりをお願いするという時は、搬送してもらう荷物の量がどの程度なのかを正確に把握して、正直に報告しましょう。

単身の引越しを県外にするという状況下で、荷物がわずかしかなく専用のボックスに収められる程度である場合は、引越し単身パックにて引越しが可能なので、大幅に料金を安くすることが可能です。

「輸送用の専用ボックスに入れて引っ越しをする。」という「引越し単身パック」を用意している業者は多数あります。初めて親元を離れる学生さんや新社会人の方、単身赴任や一人住まいの遠距離の引越しにもってこいです。


引越しとセットで行うピアノ運送は繊細さが必要になるわけで、経験がたくさんある業者にお願いすべきです。大切に扱ってきたピアノの音質を守るためにも、頼りがいのある業者をチョイスすることが肝心です。

長距離引越しを委託する業者の選択をとちると、割高な料金を求められる場合もあるのです。引越し業者をランキング形式で案内しているサイトを見ておくことをおすすめします。またチャーター便でトラックを走らせると長距離の引越しは割高になります。混載便やコンテナ便、フェリー便などを活用している引越し業者に頼んだほうが安くなる可能性が高いです。

「ここにお願いしたい」と言える業者を見い出したいなら、引越し料金を比較すべきでしょう。条件が良くお手頃価格なところに依頼すれば、任せて安心の引越しができると思います。

エアコンの引っ越しも望んでいると言うのであれば、引越し専門の業者に見積もりをお願いするときに、率直に話しておくべきです。あとから加えたりすると、料金を追加されます。

引越し業者選びをする際に不覚を取らないためにも、クチコミを判断基準の1つにすればいいと思います。気になっている引越し業者の評判とか引越し作業の腕などを把握することだって可能だと言えます。


面倒だからといって、いくつかの業者にバッティングする形で家の中に入ってもらって、東京から大阪への引越しの見積もりをお願いするのは控えるようにしてください。そういった時は一括見積もりを効果的に利用すべきでしょう。

費用も安く安心できる引越し業者を探すには、ウェブの一括見積もりを活用して引越し料金を比較することが欠かせません。1社だけの見積もりを手に入れたとしても、適正と言うことができる引越し費用がいくらになるのか見当もつきません。

アパートなどではなく一軒家のときは、エアコンの合計数が多くて当然なので、エアコンの引越しをするつもりなら、専門業者に正確な見積もりを作成してもらってください。

遠くへの引越しにより生まれた不用品を処分することを望むなら、リサイクル業者に任せれば割安な代金で処分することができます。敢えて言うことでもないのですが、住宅まで不用品を集めにきてくれますので安心です。

引越しをする場合は、ウェブ上の一括見積もりを効率的に利用して見積もりを依頼しましょう。見積もり代は必要ないですし、引越し料金を比較し違いを調べることが出来ます。

 

引越し専門業者に見積もりを依頼するといった時は、前もっていくつかのめぼしい業者をチョイスしておくということが必要になります。引越し業者を比較すれば、業者ごとの良し悪しがはっきりします。

なるたけピアノ運送を安い料金で済ませたいなら、ピアノ運送を行なっている業者何社かに見積もりを依頼することを推奨します。ただし運送先によっては、思いも寄らず高い料金となることがあります。

繁忙期以外の閑散期と言える時期に長距離の引越しを行うことができれば、引っ越しの相場料金と比べても、驚くほど格安な料金で引越しすることができるのです。

必要と思われないものや家具・家電などの粗大ごみを忘れずに処分しておかないと、引越し先の東京都内の住まいまで運び入れる結果となります。引越し前日までには、ぜひとも不用品を処分しておくことを肝に銘じておきましょう。

エアコンの引越しまでは予定にない場合は、不用品として処分しましょう。行政によっては回収してくれないかもしれないので、確実に確認してから廃棄するようにしてください。


引越し作業というと、繁雑で大変に違いありませんが、しっかりした引越し業者に行なってもらえば、何の不安もなく引っ越しが可能だと思います。引越し業者の評判さえ把握することができれば不安もなくなります。

引越し業者が暇な時期と比べ、忙しい時期は同一の引越しを実施しても、費用は一般的に高くなります。閑散期に遠方への引っ越しをすれば、安く抑えることができますから、時期によって変動する引越しの相場を掴んでおきましょう。

その人にとっては何ら価値のないものでも、第三者からしたら必需品だという場合もあります。だとしたら、引越しのタイミングでごみ回収業者などに0円で不用品を処分するよう頼むというのは再考した方がよさそうです。

引越しをするということでピアノ運送をしますと、運送途中の衝撃が原因で、ピアノのキーが変化してしまう可能性があります。最終的に調律まで行なってくれる業者に託せば安心できるのではないでしょうか?

引越しする福岡県の家に移動する荷物は、入り用なもののみにしましょう。格安で長距離の引越しをしたいのであれば、持って行く荷物をリミットまで少なくすることが必要になってきます。


無駄なお金を掛けることなく遠距離の引っ越しをしたいと考えるなら、引越しの相場を知っておくために、評判の良い引越し業者に見積もりをお願いして比較してください。それを勘案して割安かつ信頼に値する業者を選択すれば間違いないでしょう。

今までずっと世話になってきたエアコンを引越し後の住居でも使用しようと思うなら、エアコンの引っ越しもしないといけません。外したり取り付けたりする作業が必要となるので、それなりの費用が掛かると考えていて下さい。

引越しをするときに発生した不用品を処分したいというなら、産廃処分場まで持参すれば、お金を掛けずに引き取ってもらえるはずです。不要なものを持って行く手間が掛かるとは思いますが、お金が掛からないというのは大きいでしょう。

引越し準備をしている途中に出た不用品を処分したいからと市の関連部署にお願いしても、基準から外れたものは引き取ってもらえません、そうした場合は粗大ごみの再利用業者に電話し、有償で回収してもらうしかありません。

神奈川から名古屋への引越し業者を選定する時に、引越し料金を比較する為に時間を費やすのは当たり前だと言えます。面倒だと考えることなく、キチンと比べて無駄な損失を防ぐように心掛けていただきたいです。

 

長距離引越しの準備をしていた時に見つけた昔懐かしい品なども、廃棄するか売り払ってしまいましょう。中古品ショップに不用品を処分する心積もりで持ち込むと、そこそこのお金になることだってあり得ます。

埼玉県で引越し業者を決定する時は、実際の引越しよりも苦心するに違いありません。有名企業だからといった短絡的な拠り所で選定せずに、適切に引越し業者を比較してから決定しましょう。

引っ越しの見積もりをお願いするときは、希望条件を漏らさずに伝達することが大事です。運搬する荷物の数をごまかして少なく申告すると、割増料金が必要になってしまいます。

引越しに伴うピアノ運送は繊細さが必要なので、実績が豊富な業者を選びましょう。大事に扱ってきたピアノの音色を保持するためにも、頼りがいのある業者を見極めることが大事なポイントです。

エアコンの引っ越しに纏わる作業を単独で終わらせるのは難しいと思われます。エアコン移設工事の専門的な知識と実務経験を持ち合わせていない人は、作業をすることは避けるべきです。


思っていたよりはるかに安いと、反対に不安になるのがピアノ運送に掛かる代金です。ピアノ運送の一般的な費用を知りたいとおっしゃるなら、ピアノを運搬することが可能な引越し業者に見積もりを提示してもらいましょう。

現在のピアノ部屋から引越しする先の部屋へとピアノ運送を実施するような場合でも、専門の業者に依頼すれば全てうまくやってくれるに違いありません。引越し業者の中には、ピアノ運送を得手としている業者も見受けられるのです。

少しでも安い料金で引っ越ししたい場合は、東京から長崎への引越しの相場を知るために、4〜5社の引越し業者に見積もりを依頼して比較するとよいでしょう。それを勘案して自分に合うところを選択してください。

低料金で頼れる引越し業者を見極めるには、インターネットの一括見積もりを活用して引越し料金を比較してみましょう。1社の見積もりを受け取ったところで、妥当な引越し料金がいくらなのか全くわかりません。

「ここに任せたい」と思える業者を見定めたいなら、引越し料金を比較することが不可欠です。対応が良く妥当な価格のところを見つけ出すことができれば、気持ちのよい引っ越しができると考えます。


長距離便の引越し業者の評判は、ネットのコミュニティーに投稿されている経験談を熟読すれば知ることができるのです。言うに及ばず、軒並み信用するのはよくありません。参考程度にしましょう。

引越しの見積もり依頼を1か月ほど前にする人が少なくないそうです。引っ越しを予定している日までそこまで日数がないという状態だと忙しくなるので気をつけましょう。

遠距離の引越しをする予定があって、引越し業者を選定しているとおっしゃるなら、引越し業者をランキング一覧の形にして見せているHPを閲覧してみるのも悪くはありません。リーズナブルでサービスが良いところを探せるでしょう。

これまで使用していたエアコンを引越し後の家でも使うようであれば、エアコンの引っ越しをすることが必要です。各々の業者で代金が変わるので、見積もってもらって確認した方が良いでしょう。

ピアノ運送については、運搬してもらうピアノによって代金が変わってくるのです。ピアノ運送をすることを専門に行なっている業者に見積もりを提示してもらうという際には、ピアノの形を告げることが必要となります。

 

引越し業者のHPをチェックするとわかるのですが、ネットを介する形で見積もりをお願いすると、特別料金が適用されるところが存在します。格安で長距離の引越しをしたいと思うなら、引越し会社のウェブページもチェックしてください。

遠い場所への単身の引越しについては、大概の業者が「引越し単身パック」という形でビックリするような料金を示してくれるようです。取り敢えず安い料金の業者に任せたいのなら、一括見積もりを有効利用して比べてみるのが一番手っ取り早いです。

巷には数多くの引越し業者が存在しています。そのエリアのみで営業している業者から、全国的に名前が売れている業者まで多種多様にあります。引越し業者を比較してから決定しましょう。

経験談を確かめれば利用者の満足レベルも読み取れると思います。引越し業者の評判を調査して、お願いする専門業者をセレクトするときの目安にすればいいのではないでしょうか?

長年使ってきたエアコンを引越し後の住居でも使うのであれば、エアコンの引っ越しも同時にしないといけません。業者による工事が必要となりますので、1万円以上の料金が掛かると思います。


長い間活躍してくれていたエアコンをどのようにすればよいのか悩んでいるのではありませんか?エアコンの引越しは何かと時間がとられ、なるだけ避けたいと感じる場合は、引越し終了後に買い換えることも視野に入れましょう。

単身住まいだとしたら家財道具も多くはないので、「引越し単身パック」などでお願いすれば案外安い料金にはなるのですが、それ以上に割安価格にしたいと言うのであれば、他府県への引越しの見積もりを依頼してください。

ピアノ運送をメイン業務としている運搬業者は、ピアノ運送が終わった後に専門家による調律までしてくれるのです。標準的な引越し業者であれば、そんなことまではしないはずです。

住居に訪ねて来てもらって長距離の引っ越しの見積もりをお願いする場合は、搬出してもらう家財道具の量がどの程度なのかをきっちりと把握して、嘘偽りなく伝えなければなりません。

引越し業者が暇な時期と比べ、忙しい時期は同じ引越しだとしても、費用は高くなるのが普通です。閑散期の場合は、安く抑えられるので、シーズンによって大きく変わる引越しの相場を認識しておきましょう。


引越し業者を比較したネット上の情報サイトが数多くあります。料金とかサービス、引越しの作業時間などが比較されています。引越し業者を決定する際の判断基準にするとよいでしょう。

引越しの際にピアノ運送をしますと、道路の段差などからの衝撃によって、ピアノのキーが変化することがあり得ます。最後に調律をしてくれるところに頼めば安心できます。

今後使うこともあるでしょうといった品物は、結局使うことがないに違いありません。格安で引越ししたいという考えがあるなら、引越しを機会に役に立たないものは廃棄処分しましょう。

長距離引越しの相場さえ掴んでおけば、相場よりも低料金で引き受けてくれる専門業者を見つけることも楽勝ですし、高額な費用を徴収するような業者には、引越しの依頼をすることがなくなると断言できます。

ダンボールを買おうとすると、想定していた以上に高い値段なのでびっくりするでしょう。ダンボールの無料提供をウリにしている業者のみを選び出して、それらの引越し業者を比較するのもよいでしょう。

 

遠距離の引っ越しに特化した口コミサイトを閲覧すれば、全国区の業者から地元の小規模と言える業者まで、大抵の引越し業者の評判を知覚することが可能でしょう。

引っ越しは暦の良い日に日程を組むと、費用が高額になってしまうのが普通です。オフシーズンと引越し料金を比較してみてください。割安料金になることが歴然だと思います。

ピアノ運送を専門技術でもって行う業者は、ピアノ運送が完了した後にプロによる調律まで行ってくれるのです。よくある引越し業者だとしたら、そこまでの専門的なサービスはしてくれないと思います。

引越しの結果発生した不用品を処分したいときの手段として、引越し業者に託すのも良いのではないでしょうか?費用無しで処分という訳にはいきませんが、面倒な思いをしないので実用的だと言う人も少なくありません。

県ごとに物凄い数の引越し業者が存在します。1つのエリアに限って仕事を請け負っている業者から、日本の津々浦々まで周知されている業者まで様々あります。きちんと引越し業者を比較して決めましょう。


この先使うことがあるかもしれないという品物は、決して使うことがないに違いありません。できるだけ安く長距離の引越ししたいと考えているのであれば、引越しをいい機会にするべく押し入れに眠っているようなものは捨てるようにしましょう。

引越し作業は、時間が掛かって大変ですが、信頼のおける引越し業者に委託すれば、不安を感じることなく引越しすることが可能です。引越し業者の評判が分かれば余計な危惧もなくなります。

長期に亘って使用しているエアコンを引越し先でも使用する場合には、エアコンの引越しをすることも必要です。移設のための工事が要されますので、ある程度のお金が徴収されるはずです。

引越しの準備中に出た不用品を処分するのであれば、要らなくなった物品を引き取ってくれる業者に任せましょう。自宅にまでその不用品を引き取りに来てくれますから、とにかく便利だと言えます。

引越しの費用は荷物を運ぶ距離や引越しの日取り、搬出量によって変わってきます。引越しの相場を把握しておけば、引越しを行なう場合に要する費用の検討をすることも可能だと言えます。


エアコンの引越しも考えている場合は、引越し専門業者に見積もりの提出をお願いする際に、ストレートに告げなくてはなりません。当日になって言い出した場合は、別料金を取られます。

知っている数社に申し入れて見積もりを提出してもらい、その引越し料金を比較してみることにより、不明瞭な引越し料金のおおよその額がわかるでしょう。

引越し業者の評判は、ネットのコミュニティーに投稿されているレビューに目を通せば把握できるはずです。当然ですが、全部信用するのはリスクがあるでしょう。参考の一つにする程度にしてください。

ダンボールを自分で買おうとすると、予測外に高額なので驚くと思います。ダンボールの無料サービスを実施しているところだけを選別して、それらの引越し業者を比較検討してみても良いのではないでしょうか。

安心&低料金の引越し業者を見つけるためには、ウェブの一括見積もりを活用して引越し料金を比較するということが絶対必要です。1つの引越し業者の見積もりを手に入れたとしても、リーズナブルな引越し料金を把握することができません。

 

おすすめサイト

イオンハウジング
日本全国あなたの住まいさがしをサポートします!イオンハウジングの住まいさがしサイト。

 

食べログ
引越し先で美味しい食事を取りたいなら食べログがおすすめです。

更新履歴